不動産投資で夢の不労就労者となるには

投資には、株、先物取引、投資信託のような金融商品から、金などの現物投資まであります。
しかし、どれもそれなりにリスクがありますが、働かないでお金を得る不労就労者となるには、不動産投資がお勧めです。
不動産投資はアパート、マンションを購入しその部屋をかすことで月々の家賃収入を得たり、売却益を得たりして収益を上げる方法です。
月々安定したアパートの家賃収入ですと、銀行への借入金の返済に充てることができますので、自己資金が少なくてもできるのがメリットです。
家賃収入を銀行への返済へ充てて、その間にサラリーマンの給与を次のアパート、マンションの購入資金にします。
そして、持っている物件を売却し手にした現金でよりよい物件を購入するようにします。
そうした物件はより確実にインカムゲインを得られます。
あとは、管理をしていくだけです。
サラリーマンで暮らすよりも自分のマンション、アパートの管理をすることでより、空室率の低い物件にすることができます。